簿記の1級は必要?不要?誰にとって必要? | 簿記2級と簿記3級の同時受験

日商簿記3級および2級試験に無事受かったら? その先は、もうその資格を引っ提げて就職活動にでも精を出したほうがよいでしょう。
ところで2級の上には1級試験があります。
この簿記1級試験を目指すというアイデアは、果たしてどれくらい名案でしょうか?

 

経理関係の仕事場に入ろうかという気持ちがあるのなら、簿記1級はさほど必要ではありません。経歴書に1級と書いてあれば、注目はされることでしょう。しかし確実に選考のときに有利になるわけではありません。普通の経理社員として活動するだけなら、2級までの知識だけで通用しますから。簿記1級のスキルを一般企業の経理部で活用することは可能ですが、それはひとつの会社に何年か勤務してから、になるでしょう。入社していきなり、簿記1級のスキルを使おうとするのは簡単ではないと思われます。

ならば簿記1級試験はどんな目的で使うとよいのでしょうか? 
この資格は主に、税理士事務所や会計士事務所で働きたい人向けにつくられています。
特に税理士試験については、受験するにあたってはっきりとした優遇措置が設けられているほど。
このような仕事に関心があるのなら、やる価値は一気に増します。

簿記1級はこのように、進路によって「必要になるか、必要にならないか」が分かれている試験だといえます。
合格するには、2級までとは比較にならないほどの努力が必要な資格ですから、受験を決意するときは熟慮したほうがいいでしょう。


→ 次の記事へ


>>予備知識がなくても簿記に合格できるフォーサイトの通信講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする