会社の健康状態を判断できる知識が身に付く! | 簿記2級と簿記3級の同時受験

簿記の資格は、持っていても直接収入に関係する資格ではありません。
簿記の資格だけで独立して事務所を開設することはできませんし、
会社員の場合は毎月のお給料に資格手当てが付く、ということもないでしょう。
それでは、簿記資格を持つメリットとは、どこにあるのでしょうか。


一言で言ってしまうと、簿記資格を取得することで『会社員としての基礎の知識が身に付く』ということです。
簿記の技術を身につけることで、
企業のお金の流れが正確に見えるようになるというのが一番大きなメリットです。

自分の勤める会社のお金の流れを知ることで、経営状態を具体的にイメージすることができます。
たとえ経理の部署に配属されていなくても、会社勤めをしている限りはずっと役に立つ知識といえるでしょう。


例えば、営業の仕事をしていたとしても、
自分の所属している部や課でどれだけの売り上げがあり、
どれだけの利益が発生したのか、現在の状況を把握するときに、簿記の知識がモノを言うのです。


このことは、これから就職を目指す学生さんにとっても有利だと言えます。
あなたの履歴書の資格欄に“日商簿記2級”と書いてあるのを見れば、
面接官は、あなたのことを『経営状態を把握する技術を持っている』と判断してくれるに違いありません。
簿記の資格をもっているから有利になる、
というよりは、簿記の技術(簿記的思考)を持っていると判断されて有利に働く、ということなのかもしれませんね。


簿記の知識は、いますぐ収入アップにつながることはないかもしれませんが、
この知識をベースにして長い間社会人として経験をつむことによって、
少しずつ他の人との差を感じてくるようになるでしょう。

社会人として生活するにあたって、あなたの大切な宝物となってくれるかもしれませんよ。

→ 次の記事へ

>>予備知識がなくても簿記に合格できるフォーサイトの通信講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする