簿記2級と3級の同時受験で、失敗しない通信講座選び

初学者の社会人の方にお薦めの学習法として通信講座を提案しました。
しかし、「どういうポイントで講座を選ぶべきか?」という疑問が起こることでしょう。

確かに、通信講座も数多存在し内容も様々です。そこで、このページでは、失敗しない通信講座選びのポイントを紹介したいと思います。

通信講座選びのポイント

安ければいいわけじゃない!

通信講座のメリットとして、資格講座と比べ格安な受講費用を上げましたが、ただ安ければいいというわけではありません。

重視すべきは、価格よりもカリキュラム内容で、いかに密度が濃く効率的かつ効果的なカリキュラムを提供しつつ、受講料もリーズナブルな〝コストパフォーマンスの良さ〟で、選ぶべき。

もちろん、候補に挙がった講座すべてに資料請求を行い、内容と費用とを吟味した上で講座を決定して下さい。

満点主義ではなく合格主義のテキストである!

ありがちなのが、出題範囲を網羅し理解させようとするブ厚いテキスト。

初学者が選ぶべきは、そんな〝満点主義〟のテキストではなく、出題傾向を見越し的確にポイントが集約された〝合格主義〟のテキスト。

もちろん、カラーや図形を多用し視覚的にも解りやすさを追求したテキストの講座を選びましょう。

講義メディアが用意されている!

今や通信講座でも講師からの講義を受けることが可能です。ある講座では、選び抜かれた講師による、テキスト連動型の講義を収録したDVDのメディア教材を用意(しかも、基本講座のセットとして!)。

室内はもちろん、屋外でも充実の講義を受けることが可能になったのです!

無理なく学習を始め継続できる体制が整っている!

無料の質問対応はもちろん、初学者であれスムーズに学習をはじめ、挫折することなく継続できる指南書の有無など、しっかりと合格まで導いてくれるサポート体制が確立されている講座を選択しましょう。

受講生の合格率が全国平均を上まっている!

もっとも重視すべきが、講座の受講生における合格率です。

全国平均を上回っているのはもちろんのこと、いかに高い合格率を実現しているかで、その講座のカリキュラムやサポート体制のクォリティがわかるはずです!