資格学校と通信講座、簿記2級と3級の同時受験で検討したいポイントとは?

前ページでお伝えしたとおり、低予算と自由な学習スタイルがデメリットになり得る独学は、
特に社会人であり初学者である方にはお薦めしません。
となれば、残る学習方法は資格学校か通信講座のいずれか2つ。
それぞれのメリットとデメリットから、社会人かつ初学者に最適な学習方法を導き出しましょう。

【資格学校のメリットとデメリット】
メリットとしては、まず、簿記資格所有者である講師から生の講義を受けられるということ。
そして、講義中に疑問点があれば、その場で講師に確認し解消ができるのも魅力です。
また、他の受講生がライバル的な存在となり、
モチベーションを維持しやすいという側面も見逃せません。

一方のデメリットは、6~10万円と高額な受講費用がその筆頭。
また、毎週決まった時間に通学しなくてはいけないのもかなりの労力であり、
もちろん通勤路に教室がない場合は、その分の交通費も必要となります。
そして、講師との相性も大きな要因。
いかに合わない講師でも、受講した以上期間内は、
その講師の講義を受け続けなくてはなりません。

【通信講座のメリットとデメリット】
通信講座のメリットは、2&3級同時合格講座でも3万円程度と資格学校よりも安価な価格設定。そして、資格学校と遜色ないクォリティのテキストに加え、
テキストと連動したDVDなどのメディア教材も用意する講座も。

さらには、独学ではデメリットにもなり得る自由な学習スタイルでありながら、
挫折する要因を払拭するノウハウを提供してくれるなど、
通信講座ならではの手厚い受講生サポートを行う講座も存在します。

デメリットとして考えられるのは、疑問点をその場で解消できないという一点に尽きます。
しかし、多くの講座がFAXやメールでの無料質問の窓口を設けており、
回数は異なるものの無料で疑問点や不明点に解答してくれるため、
その場では解消できないものの大きな問題ではないでしょう。


初学者の社会人が選ぶべきは……
費用も安く時間的拘束がない。
しかも、テキストは資格学校と同レベルでCDやDVDなどの講義メディアもある。
そして、挫折を予防するノウハウも存在…。
これら要素を比べてみた結果、初学者である社会人が選ぶべきは通信講座である! と、
断言しても良いと思いますがいかがでしょうか。



→ 次の記事へ

>>予備知識がなくても簿記に合格できるフォーサイトの通信講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする