簿記2級と3級の違いとは?

さて、日商簿記検定の2級と3級ではどれほどの違いがあるのでしょうか。
まず、3級ですが、日本商工会議所では「財務担当者に必須の基本知識が身につき、
商店・中小企業の経理事務に役立つ。
経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を数字から理解できるようになる」と
規定しています。

難しい言い回しですが、つまりは「簿記の基礎知識が身についている」ということです。
もちろん、試験で問われる内容も基礎知識です。
そこで重要となるのが、「簿記の基本ルール」、「勘定科目」、「仕訳」です。それぞれを解説します。

【日商簿記検定3級の学習範囲】

①簿記の基本ルール
これは簿記の基本科目である資産、負債、資本、収益、費用の5つが、
増加、減少した場合、帳簿上の左右いずれかに記載するかということ。

②勘定科目
これは、企業の経済活動により帳簿上に発生する科目のことで、
すべてが上記基本科目の5グループに所属します。

<勘定科目例>
・資産:現金、受取手形、売掛金、建物、車両、備品、有価証券など
・負債:買掛金、支払手形、借入金、商品券、未払金、未払利息など
・資本:資本金(3級で出てくるのは資本金のみ)
・収益:売上、受取家賃、受取配当金、受取利息、雑益など
・費用:仕入、発送費、消耗品費、通信費、租税公課、保険、家賃など

③仕訳(しわけ)
これは、上記勘定科目をが発生した際に、①のルールにのっとり、
帳簿の貸方(左)と借方(右)に振り分け記録すること
記録する帳簿を貸借対照表(BS)や損益計算表(P/L)といった財務諸表といいます。

この3つのポイントを理解しておけば3級合格は難しくはありません
しかしな、2級学習の基礎となりますのでしっかり理解して下さい。
3級を正確に理解せずに2級を理解することは不可能
といっても過言ではありません。

2級は2つの簿記試験に合格する必要がある!

2級試験は商業簿記に加え、工業簿記が試験科目に加わります。
工業簿記とは、工場や製作所といった製造業で用いられる簿記のことです。

製造業は、原材料を仕入れ加工して製造し、製造した製品を販売することから成り立ちます。
このうち製造は会社の内部で行われるため、
内部活動
と呼ばれ製造活動のない商品販売業にはない活動となります。

つまり、工業簿記とは材料から製品に至る製造活動の記録であり、
もっとも重要なのは製品にかかる原価を算出する〝原価計算〟となります。

要するに、商業簿記とは企業と取引先との経済活動(外部活動)における記録であり、
工業簿記とは社内の製造活動(内部活動)における記録ということ。

2級試験では、これら異なる2つの簿記試験に合格しなければならないのです。
これを初学者が独学で学習しようとなると、かなりのハードルといえるでしょう。
このサイトで提案する、2&3級の同時かつ1発取得を実現するためには、
やはり独学では難しいと言わざるを得ないと思います。




→ 次の記事へ

>>予備知識がなくても簿記に合格できるフォーサイトの通信講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする