簿記3級合格体験記―育児休暇中に取得

一児の母です。3カ月の独学で合格しました! 

(中田真綾さん(仮名)、主婦、女性、30代)

育児休暇中に、2級と3級をセットで勉強しました

簿記3級の試験を受けようと思ったのが3カ月前、勉強を始めたのが2カ月前でした。

簿記検定を受けることにしたのは、育児休暇中に、仕事復帰に向けて、何らかの資格をとっておこうと思ったからです。

効率よく学習するため通信教育にしました

できれば、育児休暇中に2級までとっておきたかったので、いろいろと調べた結果、簿記3級と2級をセットで勉強できる通信講座で、2級のみの合格を目指しました。

DVDで全体の流れをつかみ、あとはひたすら過去問を解く

実は、それまで簿記のことは全く知りませんでした。恥ずかしいですが、仕訳って何???というような状態だったのです。

簿記がどんなものかわかっていなかったので、最初はDVDをひと通り見て聴いて流れをつかみ、あとはひたすら過去問をこなしました。

過去問は、一回目は答えとテキストを同時に見て解くというより読む感じで進め、10日で終わらせました。

2回目は何も見ずに解きましたが、解説を読んでも分からない部分は、とりあえずそのままにしておきました。

3回目も同じやり方で解き、解説で分からない部分はテキストで調べ、最後の一週間で、全体の8割ぐらいが分かるまでにもっていきました。
残念ながら、模擬試験をする余裕はありませんでした。

そして本番! 少し緊張してしまって、ケアレスミスもありましたが、なんとか無事も合格することができました!

これから試験を受ける方へ「過去問のくり返しをおすすめします」

過去問を何回もこなすことをおすすめします。試験問題のスタイルに体が慣れてくるし、(あ、これやったな!)という問題が結構、試験に出るので。

あと過去問をくり返していると、はじめは全く分からなかったものも、だんだんととけるようになってくるんです。それが自信にもつながってくるんですよね。

私が受かったのですから、きっとみなさんも大丈夫です! がんばって下さいね!